我が家の家計とやりくり状況

我が家の給料は多少変動することはあるものの、平均して月18万円くらいです。

家賃が6万円なので、残る12万円で生活していくことになります。正直なところ、この額で十分かと言うと決してそうではなく、頭と体を使って節約に励むことになります。

まずは光熱費ですが、徹底的に無駄をカットすることで電気、ガス、水道とあわせて月に1万円以下でおさめるようにしています。最近になって携帯電話を止めるという思いきった決断をしたお陰で、固定電話代2000円で済むようになったのは大きく、さらに車を手放した為、ガソリン代や税金等もかからなくなりました。

後は食費や被服費、冠婚葬祭費、医療費になりますが、被服費はもっぱらリサイクルショップやネットオークションを利用して安くあげていますし、医療費は健康管理をしっかり行うことでほとんどかからなくなりました。

予定が組みにくい冠婚葬祭費は予め月5000円ほど予算を取り、少しずつ貯めていっています。

健康を維持するのに大切な食費だけは絶対に削りたくないという思いを持っている私は、月4万円ほどを予算にあてていますが、料理で工夫するのが好きなこともあって余剰金が出ることも多く、残金を貯めて家電の買い替えの足しにしています。

残った額は全て貯金にまわし、不意の出費や旅行費にしています。このような家計が成り立つのも子供がいないからこそではあるものの、そろそろ老後の資金を貯める時期に来ているので、新たな予算組みをしたいとも思っているところです。

子供ができたらこの給料でやりくりは難しいと思うので、ときどきはカードローンとかも利用することもできるかもです。

なぜそういうことを言うかというと、私の友人たちの何人かの子供がいる家庭はカードローンを利用してどうにかやってるって聞きましたから。専業主婦でも借りれて旦那には内緒にできるところがあるみたいです。

お金を借りるのってどうかな?っても思ったのですが、やっぱり家庭を持つとそういうのもしょうがないのかもしれませんしね。実際のところ住宅ローンもお金を借りることと違いはありませんが、みんな普通に借りてますもんね。住宅ローンって普通のカードローンとは比べ物にならないぐらいの金額ですしね。

貧乏なのがコンプレックスでした。

私は子供のころから凄く貧乏な家で育ってきました。

まわりの家と比べても、明らかに我が家は他と違うんですよね。子供ながらに貧乏なのが凄いコンプレックスに感じていました。

でも、そんなお金がない我が家でも、私を大学まで行かせてくれて両親には凄く感謝しています。

これからは、必死に勉強していつかお金持ちになれるようになりたいですね。そして親孝行さしてあげたいです。

貧乏なのがコンプレックスでした。