お金がないので夫につき従うしかありません

現在自宅をリフォームするので見積もりをお願いしている状態です。私のやりたい方向と夫のやりたい方向の意見が合わず今家の中の雰囲気が非常に悪いです。

私は外で働けない事情があり、家で月に2~3万円になるかならないかぐらいの内職の収入しかありません。こういう大きな出費は当然稼ぎのいい夫のやりくりで賄ってきました。うちの夫は実家が借金で苦しんだ家で育っています。ですので反面教師というかともかく吝嗇家と言っても過言ではないかもしれないほどお金に対しては厳しい人です。
でもおかげで悠々自適でぜいたくな生活こそしていないけれど、普通に子供たちに借金なしで大学まで出してやれましたし自宅もそれほど高額なローンを組まなくてもいい生活をさせてもらえました。

でも、その分私も我慢する部分がとても多かったのです。
たとえば今回のリフォームでも値段は高くなるけれど快適になるプランを断固反対されそれをやっておけば数年後にまた再び手を付けなくてもいいところを臨時の補修みたいな形で安く仕上げようというのです。
反対すれば「自分が金を用意するから口も出すな」と言わんばかりの剣幕で押し通そうとしています。

私の細々とした稼ぎは少しはありますが、その多くは子供たちに最低限ではなくすこし上等のものを与えるときに夫からもらう金額に上乗せしたりするのに使ったため、リフォームのような大きい金額がかかるものに、口を出せるほどの額を出すことができないのです。

夫につき従うしかないのです。面白くないです。お金のかかることはどうしても私が頑張って説明して必要だと説いたて結局わかってくれないのです。何度も「お金がほしい・・・そうすればもっと自由になれるのに」と思っていました。

長子が障碍者でその介護をしなければならなかったので、どうしても時間と体力のやりくりができず、自分自身の収入は考えている以上に増やすことができませんでした。もっと働いて豊かに暮らしたかったのに。末っ子がこれから大学受験をしますのでここにもお金がかかることが予想されますのでやはりあと数年は付き従うしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>